マリンバを愛されるすべてのお客様のために少しでもお役に立てればと、楽器に関することはもちろんのこと、マリンバを中心としたコンサートへの広告料の提供や教室への楽器レンタルなど、サービスの充実に努力して参りました。
2005年には練習室を備えたショールーム“ネオリアこおろぎ”を東京・練馬に開設する事ができまして、おかげさまで多くの方にご利用を戴いております。
2008年には本社管理棟内に試奏室と研修室を構え、楽器の製造工程を見学して戴くと同時に、将来的には楽器の理論や歴史なども学んでいただける場としての活用を計画しております。
もちろんお客様には実際にお目当ての楽器の試奏をして戴くことも可能です。
今後はさらにホームページを有効化することで、お客様同士の情報の交換や、弊社からのより普遍性の高いサービスやサポートの提供、そして魅力的な情報の発信など内容の充実に努めて参ります。

●調律

マリンバ・シロホンの音板は乾燥した状態にあればピッチが上がり、湿った状態にあれば下がります。
他に表面が凹んだり傷ついたりした場合も下がる原因となります。
一般的には最初音がすこし高くなるくらいが好ましいといえます。
そのためには、まず湿度が60%を超えるような環境下には長く置かないように心がけて頂くことが大切です。
そして全音域に渡って満遍なく音板に振動を与える事も大切です。
そうすることによって次第に木が硬化して行く過程で音の成長が促進されます。
ご購入後2~3年すれば木は安定した状態になりますので、その時に一度調律を考慮されるのが良いと思います。
調律に際しては音板の発送方法や価格など事前にお問い合わせください。


●音板の交換

音板が割れたり凹んだりしないような叩き方やマレットをご使用いただくのは当然ですがそれでも割れることがあります。
割れ方によっては接着剤がしばらくは有効に働く場合があります。
また急に割れて困った場合も100%ではありませんが対処策はあります。
いずれの場合もお電話にて(0778-34-2333)お問い合わせください。


●リニューアル

古いタイプのマリンバの本体はそのままにパーツだけ最新の機構や部品と取り替えることが出来ます。(写真参照)
リニューアルの際には単に部品の取替えにとどまらず、問題のある箇所の修理も同時に行えますので、
ニュータイプのように生まれ変わること請け合いです。
音板の程度が良ければなおさら、それほど費用をかけなくても大きな効果が得られる、価値のある方法だといえます。



● 低音部、上下機構付共鳴管受けとエンドプロテクター 取り付け
  (温度変化に対して、最適位置へのスムーズな移動とノイズカット)
● スジカイ及びその保持金具の交換  
 (確実・堅固な保持とノイズカット)
● 強力ブリッジピン及びゴムの交換
 (ピン曲がり防止及び紐と音盤の保護とノイズカット)

1. 最初は中古でもいいかなとお考えの方

2. 必要なくなった楽器をお売りになりたい方

3. お持ちの楽器を下取りに新しい楽器のご購入をお考えの方

お客様のご都合に応じて

・「お問い合わせフォーム」か「メール」にて送信する
・「直接電話」にて問い合わせる

のどちらかの方法でご連絡ください。

※中古楽器に関しましては、購入希望のお問い合わせを多く頂いておりますが、
 それに対して入荷する台数が少なく、また価格面での折り合いが難しい場合もあり、
 成立にはかなり時間がかかるおそれがありますので予めご了承ください。

マリンバの音楽の振興を願って、こおろぎのマリンバを中心としたコンサートであれば、プログラムへの広告掲載のご依頼を承っております。
料金設定は一件当たり5000円~15000円程度となっており、申請内容によりその額を決めさせて戴いております。
金額はあくまで参考ですので、演奏会の規模等により、上記を上回る、あるいは下回る場合がございます。
なお、できるだけ多くの方にご利用いただくために、1グループもしくは1個人あたり年一回を原則としております。
年間の予算を消化した時点で予告無しに終了させて戴きますので予めご了承ください。

広告の掲載依頼を希望される方は・・・
「広告掲載依頼用紙」(PDF)
、または 「広告掲載依頼用紙」(Word)
ダウンロードして詳細事項をご記入いただき、メールに添付してお送り下さい。

 

当ホームページでは、コンサート情報の受発信を行っていただける場として、『Korogi blog』のご提供を行っております。
皆様の積極的なご利用をお願い致します。