出来るだけ太く真っ直ぐな良材を優先的に選木して買い付けます。   豊かな余韻と素直な音を作るために木目が真直ぐになるように原木を板にカットしていきます。  
       
   
  5年位かけてゆっくり乾燥することで伸びやかで華やかな音が醸成されます。   音板作りで最も熟練の要る作業です。最上のクラスから最小のクラスまで念入りに分別制作します。  
       
   
  最良の乾燥方法を日々研究しています。   自動化が進んでいます。  
       
   
  自動化が進んでいます。   AAA, AA+ ,AA, A の選別を一本一本厳格に行います。  
       
   
  さらに上の調律技術を研究しています。   音の均質性、正確な音程感、濁り、ノイズ、傷などの有無をチェックします。  
         
   
超最高級ホンジュラスローズ
3000・1500シリーズ
最高級ホンジュラスローズ 2400・1200・850・SE555・UX300シリーズ
最高級ホンジュラスローズ
800・750・700・SE660・UX100シリーズ
高級ホンジュラスローズ
660・650・500・550・120・32Rシリーズ
普通級ホンジュラスローズ
クラベス・その他
AAAグレードの音板
AAグレードの音板
Aグレードの音板
マリンバの音板の制作は、ローズウッドの産地である中南米グアテマラでの選木から始まります。
目通りが良くてしっかり成長した木を選んで買い付けます。
輸入後、真直ぐな板が取れるよう丁寧な製材をした後、湿度が管理された専用の倉庫で数年間自然乾燥させます。
そして乾いた板から音板取り(カット)を行い、再び人工的な乾燥を行った後、成形そして専用機械による穴あけ、裏削り行います。
裏側を削ることで音の出やすくなった音板を一本一本、鳴り具合を確認しながら選り分けていきます。
グレード毎に分別された音板を商品ごとに取出し、
削り方が少し変わっただけでも大きく音に影響してしまうデリケートさに配慮して慎重に調律を行います。
そして全体を塗装した後、最後に音の検査をして完了です。
「こおろぎ」がここまでこだわるには理由があります。
それはローズウッドの真価をどこよりも深く理解し、手を掛けて育てる大切さを知っているからです。
そして弊社には素材を充分に生かしきれる永年の経験と確かな製造技術があります。